お金に余裕があるないで心のゆとりが全く違うものになる。私にとっては魔物です。

毎月きまった額のお金しかもらえず、子供の成長とともに変動の多い支出についていけず、定期預金を崩して生活しています。銀行から下ろさずに生活したいと思っていますが、やりくりしても臨時に出ていく支出が多く、毎月溜息です。一か月の予定をたて、何とか実行しようと節約術を模索している毎日です。

お金に余裕があるないで心のゆとりが全く違うものになる。私にとっては魔物です。

奥様が正社員、しかも市の病院の看護師という家庭があり、収入はホカホカなのでしょう。仕事柄、なかなか買い物に行けないので、生活消耗品から飲料、お酒などほとんどネットショッピングしているようです。近くに業務用のお店はあるのにお金に余裕があると、生活にもゆとりができますよね。実の母と旦那のお母さんです。今の生活状態を知ってもらっています。旦那が家計を握っている事や、生活費を一定額しかくれないこと。税金などの年払いの支払いは一切くれないし、お金の話になるとキレる。ということまで話しています。

お金に関する失敗談

旦那が自営業なので、国民健康保険や市民税の請求が毎年恐ろしいです。それに加え、固定資産税などの支払いが追い付かず定期を崩したり、子供のための貯金を崩してしまったことが後悔です。1ヶ月1万円生活などゲーム感覚で自分に対するミッションを課して乗り切ろうとします。 それも思い通りにいかないことが多々あるので、最終的には赤字にならない程度に諦めます。

お金は日常的な生活が1~2年できるぐらいのほどほど貯金するのがよい

結婚直前の友人の女性ですが、遠距離恋愛で交通費も使うのに、アイドルのライブにお金をつぎ込み、雑誌やグッズを買うのに給与約1ヶ月分全部使ってしまったことです。 彼氏も高給取りではなく普通の収入の方です。オープンにできる相手はいません。 同棲中の彼氏には一番オープンにして財布を見られてもかまいませんが、それでも過少申告の残高と今月使える予算金額だけしか教えていません。

お金に関する失敗談

友人から補正下着の勧誘につかまりどうしても断れず、100万円分ぐらい買いました。 体型はある程度維持できたのですが、1年ぐらいで下着が伸びたりほつれたりして、結局もったいない買い物だったと後悔しました。基本的にはモヤモヤしたまま、自分の中の気持ちが沈静化するのをじっと待っていますが、何か具体的に気になっているものがある時は行動に移します。例えば、お小遣い程度でも稼げるかも?!と株に興味が湧いた時は、証券口座をパパッと勢いで開設したりしました。

お金で幸せは買えないけど、お金で回避できる不幸はある

20代の時に友人がローンで結構高い車を購入していました。車に興味ないこともありますが、何年も先までローン組んでまで、この若さでその車を買わなくても・・・と正直なところ思ってしまいました。オープンに相談できるのは夫だけです。夫とはお互いに給料から貯金まで把握しあっています。2人とも給料が低いので、これからどうしようかといつもお金の話、将来の不安の話ばかりをしています。

お金に関する失敗談

お金がないことに囚われすぎて、結婚式のドレスを安いレンタル業者のものでケチってしまいました。安く済んで良かったと思う反面、一生に一度のことなので、それなりのものを選べば良かったなと少し後悔しています。

コメントは受け付けていません。